キャッシングの利用方法|キャッシングは計画的に利用することが前提|熟考しましょう

キャッシングは計画的に利用することが前提|熟考しましょう

キャッシングの利用方法

男性

大手金融機関におけるキャッシングでは、最大500万円までの融資を受けることが可能です。貸入利率は4.5%から17.8%、遅延利率は20%となっています。もし、大口融資を受けて分割による返済方法を選択したのであれば、利率から月々の返済金額に加えて発生する利子についても把握しておくことが大切です。返済期日を過ぎた際には、遅延利率分の利子が掛かってしまいますので注意が必要になります。返済期日は5日・15日・25日・末日の中から選ぶことが可能で、自分自身の給与支払日等に合わせて選ぶことをお勧めします。分割による返済回数は最長80回となっており、月々に無理なく返済できるように計画して分割回数を決定しましょう。

キャッシングにて大手金融機関から融資を受ける際、その融資された資金の使途は生計費に限ります。例えば、審査の際に資金使途がギャンブル等であれば、審査を通ることはありません。生計費というのは、教育費や生活費、家族の方が突然入院された際の入院費等、そういった費用のことを指します。キャッシング利用時の審査の時には、そういった資金使途を明確にしておくことが大切です。そうすることで、スムーズに審査を通過することができるでしょう。そういった資金使途は利用者の返済能力を判断する材料でもあり、ギャンブル等の資金使途では返済できる信頼性が無いと考えられてしまうのです。審査を通過するためには、何よりも返済能力があるかどうかが重要になります。そのため、その資金使途が生計費に関わるものであったとしても、月々の給与が不安定であったり無職であったりするとキャッシングを利用できない可能性があるので注意しましょう。